ネイルの審美眼を養う

ネイリストとして活動していくには、ネイリスト求人から就職したい職場を探し、試験を受ける必要があります。
もしそこで合格し、見事ネイリストとして働くことが出来るようになったとしてもそれはスタートでしかないのです。
ネイリストは日々進化を続け、己の審美眼を養うことが求められます。
そこで今回は、ネイリストとしての審美眼を育成する手段や、
ネイリストなら知っておきたいネイルアートのデザインについて詳しく見ていきましょう。
ネイルアートは街の至る所で目にすることが出来ます。

通行中の女性に声をかけるのはマナー違反になる恐れがありますが、
雑誌や広告に載っているネイルアートを目に留めて記憶に焼き付けるのは非常に有効です。
女性向けのファッション雑誌ではネイルに関する情報が詳しく特集されていることも少なくないので、欠かさずにチェックしたいところです。
さらには、最近のSNSブームが福を成し、自分のネイルアートをネット上にアップしている人が増えています。
こうした情報を毎日チェックすることで、イマジネーションや創造性を育んでいきましょう。
ネイルアートを施す際には、基本のデザインから発展させていくという手法がよく取られます。

例えば、フレンチネイルは2色を基調としたシンプルなデザインですが、
グラデーションやカラージェルの組み合わせによって個性的な印象に変えられるのです。
爪先の部分とネイルプレートの境目をハート型にすると、ラブリーで可愛らしいイメージに近づきます。
境目となるラインにラメ入りのシルバーを加えると、ワンポイントのアクセントとして目を引くデザインになるのです。
ジェルネイルを施す際には、デザインを確認しながら硬化という作業を繰り返すことになります。
複雑な模様を描くほどに硬化にかかる時間も必要になるので、ネイルを施す際には時間を測って練習すると良いでしょう。
ネイルチップを事前に作っておくことが出来れば良いですが、チップを使いたくないというお客には爪に直接模様を描くこともあります。

その際に時間がかかり過ぎてしまっては、お客をイライラさせることにも繋がりますし、
手早い施術が出来ないせいで捌けるお客の数も減ってしまう恐れがあるからです。
ネイリスト同士の交流会を設けて、自身の作品をアピールするというのもネイリストならではの仕事といえます。
自分の作品を見てもらいたいという欲求はどんなネイリストも持っているものですし、
女性ネイリストで集まる場合は女子会と称してお酒や料理を楽しみながら、ネイルに関する審美眼を高めるのも良いでしょう。

author posted this in 未分類 on .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA