Posts in Category ‘未分類’

ジェルネイルの魅力とは

ネイリスト求人を手に取ろうとしている方にとって、ジェルネイルやスカルプチュアという言葉は日常的に使われるものかと思います。
しかし、ネイルをほとんどしたことが無い方にとっては未知なるものであり、ネイリストはそういった方にもネイルアートを施すこともあるのです。
今回は、ネイル初心者の方にも魅力を伝えられるように、ジェルネイルの特徴について改めて確認していきましょう。

ジェルネイルとは爪にジェルという硬化剤を塗って楽しむネイルアートです。
ジェルにはソフトとハードの2種類があり、ハードジェルは剥がれにくく、長期間ネイルアートを維持したいときに利用されます。
一方でソフトジェルは溶剤で落とすことが可能なジェルのことで、多くのネイルサロンではソフトジェルのジェルネイルをお客に提供しています。
ソフトジェルは爪にかかる負担も小さく、オフするのも簡単という理由から多くの女性に支持されているのです。
ジェルネイルはポリッシュやスカルプチュアにも負けない透明感とツヤが魅力といえます。
一般的なマニキュアであるトップコートといわれる溶剤は基本的に時間が立つとくすんできてしまうのですが、
ジェルネイルの溶剤は長時間色合いを維持出来るだけでなく、付けたばかりの質感を保つことが可能なのです。

ソフトジェルはごてごてと飾り付けているという感覚よりも、マニキュアのように
爪に塗り込むイメージでお楽しみいただけます。
圧迫感が少なく、シンプルなデザインであればパソコンの仕事をしている方も指に違和感なく業務を続けられるのです。
ジェルネイルにおいて利用されるジェルは、UVランプやLEDライトを照射するという過程を経て硬くなっていきます。
ネイルサロンでは業務用のライトを用いるので、ご家庭で使われているライトよりもずっと早く乾かすことが出来るのです。

またカラージェルの種類も当然ながら豊富に揃っています。
そのため、オリジナルのカラージェルで爪を彩って欲しいというお客の要望にも応えることが可能なのです。
ジェルネイルは素爪にそのままジェルを乗せることもあれば、
ネイルチップを付け加えてさらに爪の長さを確保してからデザインを施すこともあります。

もともとジェルネイルデザインが描かれたネイルチップを用いれば、
それを固定することでジェルネイルの施術時間を短縮出来るのです。
チップの装着は通称チップオーバーレイとも呼ばれており、
これを的確に素早く行うことはネイリストとして欠かせない技術です。
ジェルネイルを知らなかったという人にも興味を抱いてもらえるように、
ネイリストを目指す皆さんはジェルネイルの魅力をしっかり頭に入れておきましょう。

ネイルの審美眼を養う

ネイリストとして活動していくには、ネイリスト求人から就職したい職場を探し、試験を受ける必要があります。
もしそこで合格し、見事ネイリストとして働くことが出来るようになったとしてもそれはスタートでしかないのです。
ネイリストは日々進化を続け、己の審美眼を養うことが求められます。
そこで今回は、ネイリストとしての審美眼を育成する手段や、
ネイリストなら知っておきたいネイルアートのデザインについて詳しく見ていきましょう。
ネイルアートは街の至る所で目にすることが出来ます。

通行中の女性に声をかけるのはマナー違反になる恐れがありますが、
雑誌や広告に載っているネイルアートを目に留めて記憶に焼き付けるのは非常に有効です。
女性向けのファッション雑誌ではネイルに関する情報が詳しく特集されていることも少なくないので、欠かさずにチェックしたいところです。
さらには、最近のSNSブームが福を成し、自分のネイルアートをネット上にアップしている人が増えています。
こうした情報を毎日チェックすることで、イマジネーションや創造性を育んでいきましょう。
ネイルアートを施す際には、基本のデザインから発展させていくという手法がよく取られます。

例えば、フレンチネイルは2色を基調としたシンプルなデザインですが、
グラデーションやカラージェルの組み合わせによって個性的な印象に変えられるのです。
爪先の部分とネイルプレートの境目をハート型にすると、ラブリーで可愛らしいイメージに近づきます。
境目となるラインにラメ入りのシルバーを加えると、ワンポイントのアクセントとして目を引くデザインになるのです。
ジェルネイルを施す際には、デザインを確認しながら硬化という作業を繰り返すことになります。
複雑な模様を描くほどに硬化にかかる時間も必要になるので、ネイルを施す際には時間を測って練習すると良いでしょう。
ネイルチップを事前に作っておくことが出来れば良いですが、チップを使いたくないというお客には爪に直接模様を描くこともあります。

その際に時間がかかり過ぎてしまっては、お客をイライラさせることにも繋がりますし、
手早い施術が出来ないせいで捌けるお客の数も減ってしまう恐れがあるからです。
ネイリスト同士の交流会を設けて、自身の作品をアピールするというのもネイリストならではの仕事といえます。
自分の作品を見てもらいたいという欲求はどんなネイリストも持っているものですし、
女性ネイリストで集まる場合は女子会と称してお酒や料理を楽しみながら、ネイルに関する審美眼を高めるのも良いでしょう。

ネイリストで仕事に復帰

結婚して一度仕事を辞めたけれど、もう一度社会に出て働きたいと考えている女性の方も多いと思います。
お子さんが小学生になったのでもっとお金が欲しい、家に籠っていると気が滅入ってしまうなど仕事をしたいという理由は様々です。
しかし、一度仕事を辞めた後に復帰するのは実際のところ難しいのが現実です。
今回は、そんな皆さんにぜひ知っていただきたい、ネイリストとして仕事に復帰するための方法を詳しくご紹介します。
ネイリストは専門的な知識や技能が不可欠でありながらも、国家試験を必要としない職業です。
ただし、ネイリストには取得しておいた方が良い資格というものが存在し、それを獲得することが就職活動への第一歩といえます。

ネイルに関する資格を得るための方法は大きく2種類です。
1つはネイルスクールと呼ばれる専門学校のような施設に通うことです。
ここでは大学のように座学でネイルに関する知識を学ぶだけでなく、専門の講師の手本を真似てネイルの実習も行います。
ネイルスクールの生徒同士がネイルアートを施すという授業も少なくありません。
もう1つの方法はネイル通信講座に通うというものです。
こちらは郵送されてきた教材をもとに学習を進めていくことになります。
実習に関してはネイルスクールのように数を重ねることは難しいといえますが、
最近ではDVDでプロのネイリストの技能を見られたり、SNSを用いた講師のマンツーマン指導だったりと工夫を凝らしている通信講座も増えています。

どちらが良いかは皆さんの生活スタイルに合わせて判断してください。
家事や子育てで自由な時間が取れないのであれば、通信講座で地道に学習を進めていくと良いでしょう。
ネイルスクールは必要な講座だけを取得することも出来ますし、場合によっては夜間スクールに通うことも出来ます。
どちらにせよ、継続しやすい方を選んだ方がネイル資格取得に近づくことでしょう。
ネイリストとして働く際には、ネイリスト求人をもとにネイルサロンなどの施設に就職する方法と、
自分でネイルサロンを開くという2種類が主な手段となっています。

主婦として家事や子育ても両立したいという人の中には、後者の自宅サロンでネイリストとしてのキャリアをスタートさせる人も少なくないのです。
近隣の人たちにお客として来てもらうことで、ご近所付き合いが発展することもあります。
または、出張ネイリストとして個人的にお宅へ伺うという方法でも、ネイリストの需要は存在するのです。
社会復帰の手段としてネイリストを選択される方は、将来どのような働き方でネイリストの活動をしていくか頭に思い描いてから、ネイルスクールや通信講座に応募することをおすすめします。